EVENT

リーフホームモデルがLIXIL研修&ビルダー見学会場に

リーフホームモデルがLIXIL研修&ビルダー見学会場に

伊丹 西宮 新築 注文住宅 ZEH 低燃費デザイナー leafhome リーフホーム 矢嶋徹也 です

この度

リーフホームのモデルハウスで

LIXIL研修&ビルダー見学会を開催しました

 

このモデルハウスは

昨年のLIXIL新商品

「スーパーウォールDUAL工法」

充填付加断熱工法(充填100㎜+付加50㎜)

壁の中と

壁の外側にと2重の断熱工法なんです

関西発の

LIXIL新商品として

コラボしまして

昨年夏に竣工致しました

 

2020年のZEHにむけた家づくりが重要視されています。

これからは

住宅をきっちり断熱しましょうと

専門家が集いまして

基準を定めた家づくりの指標が

こちらの「HEAT20」なんです

少し説明致しますと

 

その中でもグレードがありまして

G1グレード 上級グレード
G2グレード 最上級グレード

地域区分6地域(阪神間)だと

UA値
HEAT20 G1グレード=0.56

HEAT20 G2グレード=0.46

だということが指標で定められています

UA値:皮平均熱貫流率(外皮の省エネ性能)・・・この数値が低い程断熱性能の良い家です

要は、ここの数値が断熱性能の基準値として定められた数値なんです!

家づくりにおいてとても重要な数値となりますね!

 

そして

リーフホームモデルハウスは

ででん!!

UA値0.37w/㎡K

この数値の家の断熱性能はどういったものなのか

どれほどのなのか

その性能さを体感しに

LIXIL社員や関西・近畿ビルダーの

たくさんの関係者が

二日間にわたり

見学に来られました!!

私も

この家を建てた思いや過程

いかに断熱が大切なのか

これからの家づくりで大切なこと

お伝えさせて頂きました

断熱の大切さ

皆さんも家づくりの思いが同じなんですね

一人でも多くの方に断熱の大切さを伝えた家づくりをしていきたいの思います

そして

モデルハウス宿泊体験

断熱の凄さを泊まって検証!

宿泊研修では玄関土間に布団を敷いて泊まっていただきました。

真冬の外気温が0度の2月になんと玄関土間で就寝!

これまで何件もスーパーウォールを担当し、

体感もしてきたLIXIL社員さんが、

なんと

 

「驚きました!ぽかぽか暖かいんです。冷たくない。お風呂にゆったり入っているみたいで芯から温もりました!」

との感想でした。

「玄関の土間まで暖かいんです!ここで寝れますね!!」

とそこで就寝

とてもぐっすり快眠!!

断熱性能を上げた住宅は

どの場所に居ても同じ温度が保たれています。

夜中廊下やトイレが寒い!といったことがなくなります!

だから快適で健康にも良いですよね。

「こんなに良いんだー」

住んでみて良かった

と思ってもらうための家づくりが大切ですね

少しでも断熱G2グレードの良さを伝えたいと思います

 

 

 

伊丹 西宮 新築 注文住宅 ZEH 低燃費デザイナー leafhome リーフホーム 矢嶋徹也 でした

Return Top